Top画像

自律神経のバランス

 中医学では昼は陽、交感神経が盛んなので、私たちは活動することができます。
体温を少し上昇させ、脈拍数も多くなります。
 夜になると陰、副交感神経が優位になり、体温が昼より少し下がり脈拍数が少なくなり眠りに入ることができます。


 現代はストレスの多い社会環境で、ストレスは中医学でいう五臓の「(かん)」の働きを圧迫します。
 「」はもともと伸びやかさが特徴なのですが、ストレスという目に見えない圧迫によって肝に過重がかかると、 肝の伸びやかさが阻害されます。
 すると(副交感神経)と(交感神経)のバランスがくずれ、
交感神経が過度に興奮し抑制できなくなり、 耳鳴り不眠不安動悸ふらつき目まいなどのほか、 ときに高血圧のぼせ頭皮の異常なかゆみといったさまざまな症状があらわれます。

 改善させるには交感神経の高ぶり(陽の過亢進)にブレーキ(陰)をかけ、鎮静化を図らなければなりません。

 中医学では真珠(しんじゅ)、牡蛎(ぼれい)、琥珀(こはく)、酸棗仁(さんそうにん)などが鎮静化に役立つ生薬として知られています。

 自律神経はご本人の性格や置かれている環境、人間関係などの要因が複雑に影響していますので、漢方薬の助けを利用しながら、見えない圧迫に押し負けない精神を養う長期にわたるご本人の取り組みが欠かせません。
 その取り組みを後押しするのも当店の役割です。

 

メニュー

お問い合わせ

TEL/FAX

092-927-2693

メールアドレス

kanpodegenki@gmail.com

営業時間

平日    10:00~19:00

土・日・祝 10:00~18:00

定休日   毎週水曜日

※中国医学研修のため、月に1~2回臨時休業することがあります。予めご了承下さい。

 

2022年5休業日

  定休日:4, 11, 18, 25

  臨時休業日:GW 3~5

 

2022年5月の催し物

ご案内

  

リンパマッサージ体験

 実施日:5月17日(火)

 時間:14:00~16:00

 お一人様20分/500円

 

 ※実施日が火曜日に変わりました。

  

野外薬草講座

  実施日:5月18日(水)

  目的地:津古の森

  時間:10:00~12:00

  九州歴史資料館集合

※コロナ感染状況をみながら、密を避け順次開催して参ります。

 

※上記の参加費は災害被災地に義援金として寄付しています。