Top画像

 · 

忘年薬草講座⁉

こんにちは!

「漢方であなたを元気に!」の酒見です。

12月第3水曜日に今年最後の野外薬草講座を行いました。

前日から急激な寒波襲来でどうなることかと少し心配でしたが、時折雪がちらつく中初参加の方もみえて、寒さもなんのその!

楽しんで頂けたようです(ホッ)。

フユノハナワラビ

咳止めの働き

ジャノヒゲ

別名リュウノヒゲ

青いのは実ではなく種子

この草の根にできるコブは咳止めと痰を切る働きがあり、麦門冬(バクモンドウ)という生薬名で、漢方処方に配合されています。

ヤブコウジ

咳止め、去痰の働き

「十両」はこれのこと

サンシュユ

早春に葉より先に黄色い花を咲かせます。植物学者牧野富太郎博士は別名を「ハルコガネバナ」「アキサンゴ」と呼びました。生薬名もそのまま山茱萸。この赤い実は甘酸っぱい味で、収れん作用があり、六味丸の仲間の処方に配合されています。

 

アリドオシ

打撲傷の痛みをとる働き

「一両」はこれ

ノダケ

野に咲く竹に似た野草の意味で和名は野竹。

いかにもセリ科らしい花姿です。

生薬名は「前胡(ゼンコ)」

咳止めや去痰、排膿の働きがあり、喘息の治療に使う漢方処方に配合されています。


来年の薬草講座はまだ詳細を決めていませんが、相変わらず3蜜を避けながら野外での観察会を続けていけたらと思っています。

皆さん、明るい新年を迎えられますように!!

メニュー

お問い合わせ

TEL/FAX

092-927-2693

メールアドレス

kanpodegenki@gmail.com

営業時間

平日    10:00~19:00

土・日・祝 10:00~18:00

定休日   毎週水曜日

※中国医学研修のため、月に1~2回臨時休業することがあります。予めご了承下さい。

 

2021年4月休業日

  7,14,21,28

2021年4月の催し物ご案内

 

リンパマッサージ体験

 4月15日(第3木曜日)

 14:00~16:00

 お一人様20分/500円

  

●野外薬草講座

 4月21日(第3水曜日)

 基山草スキー場周辺を散策

 当店前に9:30集合

 

※コロナ感染状況をみながら、密を避け順次開催して参ります。

 

※上記の参加費は災害被災地に義援金として寄付しています。