Top画像

 · 

熱中症

こんにちは!「漢方であなたを元気に!」の酒見です。

梅雨明けした途端に猛暑日の連続。

挨拶の言葉は「暑いですね~~~」以外出てきません。

 

冬の寒さは厚着をしたり暖房器具を使うことで、凌ぐことはできますが

夏の、しかもこれほどの暑さを乗り切るのは容易ではありませんね。

 

先日実家の裏庭で、低い庭木の剪定をし始めて間もなく、何だか体がだるくて思うように動けなくなりました。

夕方4時ごろから始めて、まだ30分も経ってないというのに・・・。

とにかく心臓がバクバク、横になりたくてたまりません。

 

経口補水液に「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」という、「飲む点滴薬」のような漢方薬を溶かしたものを持っていたので、それを一気飲み。

あとは車のエアコンをフル稼働で体をクールダウンしました。

外気温はなんと41℃!!!!

30分ほど経ったでしょうか。

さっきまでの辛さがウソのようになくなって、剪定のみならず、その日予定していた以上の掃除ができました。

 

あの時、麦味参顆粒入りの経口補水液を飲んでいなかったら、いったいどうなっていただろうかと想像すると、ぞっとしました。

麦味参顆粒は、麦門冬(ばくもんどう)、五味子(ごみし)、朝鮮人参(ちょうせんにんじん)という3種類の生薬が配合されている漢方薬で、正式な処方名は「生脈散(しょうみゃくさん)」。つまり脈を生じる薬なのです。

熱中症は例えていうと、回転が弱くなってふらふらしているコマのようなイメージ。

そのコマをビュンと勢いよく回すのが、麦味参顆粒の役割です。

この効き目は凄い!改めて実感しました。

メニュー

お問い合わせ

TEL/FAX

092-927-2693

メールアドレス

kanpodegenki@gmail.com

営業時間

平日    10:00~19:00

土・日・祝 10:00~18:00

定休日   毎週水曜日

※中国医学研修のため、月に1~2回臨時休業することがあります。予めご了承下さい。

 

2021年1月休業日

 20,27

2021年1月の催し物ご案内

 

リンパマッサージ体験

 1月は中止いたします。

  

薬草講座

 

1,2月はお休みです。

3月17日(水)

目的地:未定 

 

※コロナ感染状況をみながら順次開催して参ります。

 

※上記の参加費は災害被災地に義援金として寄付しています。