Top画像

 · 

金立薬用植物園

かねてから行ってみたいと思っていた佐賀の金立公園に行きました。

長崎自動車道の金立サービスエリアのすぐそばにあります。広い公園の一部に薬用植物園(有料)があり、普段見られないような薬草も植えられていました。

徐福像は薬草園の外の小高い所にありました。

まだ新しい感じがします。

セリ科トウキ(当帰)花。

根に血液を養う働きがあり婦人薬の代表格です。

当帰芍薬散は有名ですね。

カンアオイの葉と花。黒っぽいのが花ですが、地味ですね。生薬名は細辛。麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)に入っています。

カギカズラのカギの部分。

釣藤鉤という生薬で、鎮痛鎮静効果があります。

釣藤散(ちょうとうさん)や抑肝散(よくかんさん)という処方に入っています。


ネムノキの花

扇を開いたような優雅な花ですね。

夕方から開花し始め、翌日の午後まで咲いています。葉は夕方から両手を合わせたように閉じます。その様子が眠っているようだというので、ネムノキの名がついています。生薬名は花を合歓花(ごうかんか)、樹皮を合歓皮(ごうかんひ)。その名の通り不眠の改善に用います。中国では夫婦和合の象徴として好まれる木です。

ウマノスズクサの花

以前から実物に出会いたいと思っていた植物にここで思いがけず会うことができました。ユニークな形、とても花とは思えませんね。食虫植物のウツボカズラを小さくしたような花。有毒植物ですが、ジャコウアゲハというアゲハチョウの幼虫は、この草を食べてその毒を体内に溜め、鳥の餌食にならないように身を守っているのです。

生薬名は馬兜鈴(ばとれい)。成熟した実には咳止めや痰切り、気管支喘息などを鎮める働きがあるとされています。


メニュー

お問い合わせ

TEL/FAX

092-927-2693

メールアドレス

kanpodegenki@gmail.com

営業時間

平日    10:00~19:00

土・日・祝 10:00~18:00

定休日   毎週水曜日

※中国医学研修のため、月に1~2回臨時休業することがあります。予めご了承下さい。

 

2020年9~10月の休業日

  9月23,30

 10月7,14,21,28

 

10月の催し物ご案内

 

リンパマッサージ体験

 10月8日(木)

 14:00~16:00

 お一人様20分/500円

(ご予約承り中です)

 

薬草講座

三密を避けるため、野外講座を行います。

 

※緊急事態宣言解除に伴い、状況をみながら順次開催して参ります。

 

※上記の参加費は災害被災地に義援金として寄付しています。