Top画像

 · 

カラスビシャク

5月のある爽やかな朝、野草観察に出かけました。

ありました!お目当てのカラスビシャク。

花の形がとてもユニークで、一見、花とは思えませんね。マムシグサを小さくしたような野草です。この植物の根は小さなサトイモに似ています。おへそのようなくぼみがあるところから、またの名を「へそくり」とも呼ばれます。

農家の方にとっては厄介な草ですが、昔からこの根が薬になることが知られていて、農家の主婦は薬草を買い取る業者にこれを売って現金収入を得たことから「へそくり」と呼ばれたという説もあります。

ヤマノイモのように茎にむかごができるのもこの草の特徴ですが、実は有毒植物です。農業歴の半夏生のころに生えるからと、生薬名は「半夏(ハンゲ)」。

生の根は毒性が強く、吐き気を催したり、呼吸困難をおこす可能性があります。

漢方薬に使用するときは、ミョウバン水に漬けて毒を弱め、さらに生姜を加えて煎じると、吐き気を止める作用に変わるから不思議です。

半夏厚朴湯、半夏瀉心湯、半夏白朮天麻湯、抑肝散加陳皮半夏などなど、多くの処方に配合されている、重要な生薬なのです。

「薬草」というと特別なものという印象がありませんか?

実は私たちの身近にこうして生えているものもあるんですよ。

メニュー

お問い合わせ

TEL/FAX

092-927-2693

メールアドレス

kanpodegenki@gmail.com

営業時間

平日    10:00~19:00

土・日・祝 10:00~18:00

定休日   毎週水曜日

※中国医学研修のため、月に1~2回臨時休業することがあります。予めご了承下さい。

 

2022年5休業日

  定休日:4, 11, 18, 25

  臨時休業日:GW 3~5

 

2022年5月の催し物

ご案内

  

リンパマッサージ体験

 実施日:5月17日(火)

 時間:14:00~16:00

 お一人様20分/500円

 

 ※実施日が火曜日に変わりました。

  

野外薬草講座

  実施日:5月18日(水)

  目的地:津古の森

  時間:10:00~12:00

  九州歴史資料館集合

※コロナ感染状況をみながら、密を避け順次開催して参ります。

 

※上記の参加費は災害被災地に義援金として寄付しています。