Top画像

 · 

春の野外薬草講座

 年2回行っている野外での薬草講座、今春は少し足を延ばして、七隈の福岡大学内にある薬草園に行きました。

 前日の悪天候とはうって変わって、絶好の観察日和となりました。日頃の行いが奏功したのかも⁉(笑)

 

まず迎えてくれたのは、豪華なボタンの花。生薬として利用するのは根皮(ボタンピ)。消炎・鎮痛・鎮静作用のほか、血液の滞り(瘀血)を除く働きがあり、種々の漢方処方に配合されています。

 

 次は薬草園でしか目にすることのできない生薬、麻黄(マオウ)。風邪のひき始めで寒気のある時に使う葛根湯や麻黄湯に配合されています。

 参加者の皆さんも、現物を見るのは初めてだったようです。

 

私が個人的に最も感激したのはこれ!

ホソバタイセイ(細葉大青)という植物で、中国ではインフルエンザをはじめ多くのウイルス感染症に利用している生薬です。

日本では、根(バンランコン)のエキスを使ったハーブティやのど飴が人気を集めています。

 

日常、野生では見ることのできない薬草がちょうど花の盛りを迎えているところに出会えて、とても嬉しかったです。

 

これも薬草園でしかお目にかかれない薬草、カイケイジオウの花です。

元々中国原産の薬草で、中国大陸の広域に自生しているようです。

根を掘り上げて生のまま(消炎・止血)、あるいは干して乾燥させ(養血)、あるいは加熱を繰り返すことによって(滋陰・強壮)薬効が変わることを利用して、さまざまな漢方処方に配合されています。

 

薬草園を満喫した後は薬膳料理のランチを食べてお開きとなりました。

参加者のみなさん、楽しんで頂けましたか?

5月の講座は24日(木)、当店での座学です。

 

メニュー

お問い合わせ

TEL/FAX

092-927-2693

メールアドレス

kanpodegenki@gmail.com

営業時間

平日    10:00~19:00

土・日・祝 10:00~18:00

定休日   毎週水曜日

※中国医学研修のため、月に1~2回臨時休業することがあります。予めご了承下さい。

 

2020年8月の休業日

  8月12~15,19,26

 

8月の催し物のご案内

 

●リンパマッサージ体験

 8月20日(木)

 14:00~16:00

 お一人様20分/500円

(ご予約承り中です)

 

●薬草講座

三密を避けるため、野外講座を行います。

 

※緊急事態宣言解除に伴い、状況をみながら順次開催して参ります。

感染が拡大していますので、中止いたします。

 

上記の参加費は災害被災地に義援金として寄付しています。